AX

公的機関で100万円を借りる方法

*

100万円を公的機関で借りる方法

How to borrow money in the public institutions

利用できる融資制度を探してみよう

100万円を銀行や消費者金融などのキャッシングで借りるのは担保や連帯保証人などの関係で困難が大きいですが、公的機関の融資制度を活用すれば、無利息か、それに近い有利な条件で100万円を借りる方法があります。
それぞれの市町村には高齢者や障がい者などの福祉を専門にする公的機関として社会福祉協議会が置かれていますが、ここで取り扱っている融資メニューに「生活福祉資金貸付制度」というものがあります。

主には障がい者世帯や高齢者世帯が対象ですが、市町村の住民税が非課税になっている低所得者世帯も、この融資制度を利用することができます。

目的によって異なる借り入れ条件

借金の目的によって条件が異なりますが、例えば生業を営むために必要な経費であれば460万円、就業のための講座受講などの技能習得であれば最高580万円、住宅の増改築であれば250万円、病気やけがの療養であれば最高230万円、といった上限額が決まっており、種類ごとに最短3年、最大20年までの返済期間が認められています。

無利息で融資を受けたい場合は連帯保証人を立てることが必要ですが、連帯保証人がいない場合でも、利率1.5パーセントという低利で100万円以上の金額を借りることができます。

融資に際しては審査がありますが、このほかにも貸付上限額10万円以内、連帯保証人不要、無利子で比較的すばやく借りられる臨時特例つなぎ資金などの制度もあります。

100万円借りる方法.com 記事一覧